Перейти к основному содержанию
Английский
Японский

Translating step 17

Шаг 17
Macintosh 128K Repairability Score 7 out of 10 (10 is easiest to repair). Once you’re inside, it’s simple and straightforward to replace any of the main components: floppy drive, power supply, logic board, or CRT display.
  • Macintosh 128K Repairability Score 7 out of 10 (10 is easiest to repair).

  • Once you’re inside, it’s simple and straightforward to replace any of the main components: floppy drive, power supply, logic board, or CRT display.

  • No adhesive anywhere.

  • User-replaceable clock battery.

  • Limited upgradability: The RAM is soldered to the logic board and can’t be replaced, and there’s no slot/port to add an internal drive. However, you can expand storage via an optional external floppy drive.

  • The case is fairly difficult to open, with deeply recessed screws and a tight panel fit.

  • There are some dangerous high voltages on both the power supply and the CRT that make repair potentially hazardous.

Macintosh 128Kの修理難易度は10点満点中7点です。(10点が最も修理しやすい指標)

一度内部にアクセスできれば修理は簡単で、フロッピードライブ、電源、基板やCRTディスプレイなどの主要なコンポーネントは交換できます。

接着剤が使用されていません。

ユーザー自らが交換できるバッテリー搭載。

限定付きでアップグレード可:RAMは基板に半田付けされているため、交換は不可。内部ドライブを追加するためのスロット/ポートはありません。しかし、オプションとして外付けフロッピードライブを経由すれば容量を拡大できます。

奥深くに取り付けられたネジと堅く閉じられたパネルにより、ケースは開口するのが困難です。

電源とCRTは高電圧が流れているため、修理は潜在的に危険な行為です。

Ваш вклад лицензируется под свободной лицензией Creative Commons.