Перейти к основному содержанию
Английский
Японский

MacBook Pro 13インチ Retina Display Late 2013 のバッテリーの交換

Руководство по Предпосылкам

Все необходимые инструкции должны быть переведены до того момента, как этот перевод будет считаться завершённым.

MacBook Pro 13インチ Retina Display Late 2013 底ケースの交換

MacBook Pro 13インチ Retina Display Late 2013 バッテリーコネクターの交換

MacBook Pro 13インチ Retina Display Late 2013 の右側スピーカーの交換

MacBook Pro 13インチ Retina Display Late 2013 左側スピーカーの交換

Информационный справочник

= Готово = Не завершен

      Опишите определенную часть или деталь того, device над чем вы работаете. Прим: Аккумулятор

      Создайте заголовок.

      Это краткое описание появится только в результатах поиска.

      Укажите общую информацию прежде чем читатель начнет читать инструкцию.

      Шаги руководства

      Шаг 1

      上部ケースに留められたバッテリーから3.7 mm T5トルクスネジを5本外します。

      Шаг 2

      iFixitバッテリー交換キットに付いている液体接着剤リムーバーはMacBook Proのディスプレイの反射防止コートにダメージを与えてしまうことがあります。

      Шаг 3

      MacBook Proの準備はできました。次に作業をするご自身の準備をしましょう。

      Шаг 4

      接着剤リムーバーを開封してください。

      Шаг 5

      バッテリーセル右側端の底に、約1ml分の接着剤リムーバーを均等に注入します。

      Шаг 6

      液体状の接着リムーバーをお持ちでない場合は、温めた iOpenerを使って、バッテリーが上部ケースに留められている部分を温め、接着剤を柔らかくします。それからゆっくりとこじ開けていきます。

      Шаг 7

      プラスチックカードを一番右側のバッテリーセルと上部ケースの間に押し込みます。バッテリーとケースの間の接着剤を剥がしていきます。

      Шаг 8

      プラスチックカードを使って、底ケースと一番右側のバッテリーセルの間に差し込みます。

      Шаг 9

      次のバッテリーセルでも同じ手順を繰り返してください。

      Шаг 10

      上部ケースが右側2つのバッテリーセルが再装着するのを防ぐため、一時的にプラスチックカードを差し込んだままにします。

      Шаг 11

      上の手順を繰り返して左端2つのバッテリーセルを上部ケースから外します。

      Шаг 12

      2番目に挿入したカードを二つの左側セルの間に挟んだまま次の作業に移ります。

      Шаг 13

      最後中央にある2つのバッテリーセルに付けられた接着剤を剥がすには、液体の接着剤リムーバー (もしくは温めたiOpenerを載せる) を各バッテリーの下に数滴垂らしてください。

      Шаг 14

      カードを取り出して、右側中央のバッテリーセルと上部ケースの間にカードを再度約1インチ奥まで差し込み、セルとケースの間の接着剤を剥がします。

      Шаг 15

      この時までに外側のバッテリーセル2つは外れており、2つの中央のセルでの接着剤による抵抗を感じるでしょう。もしこの状態でない場合は、前の手順に戻り、合計4つのバッテリーセルを上部ケースから完全に緩めてください。

      Шаг 16

      バッテリーを上部ケースから取り出します。

      Ваш вклад лицензируется под свободной лицензией Creative Commons.