Перейти к основному содержанию
Английский
Японский
Шаг 7
The battery's form factor seems 100% identical to the multi-lobed cell we found in the 2015 Macbook. And yet somehow, Apple managed to squeeze in a 4% capacity increase from the 7.55 V, 39.71 Wh battery in last year's model. Apple claims this new 7.56 V, 41.41 Wh Li-ion power source should provide up to 11 hours of iTunes movie playback.
  • The battery's form factor seems 100% identical to the multi-lobed cell we found in the 2015 Macbook.

  • And yet somehow, Apple managed to squeeze in a 4% capacity increase from the 7.55 V, 39.71 Wh battery in last year's model. Apple claims this new 7.56 V, 41.41 Wh Li-ion power source should provide up to 11 hours of iTunes movie playback.

  • We're guessing this capacity increase is owed to improved battery chemistry (though it's also possible that Apple's engineers have shaved away just enough material from the lower case to allow for a thicker battery).

  • Unfortunately, they did not squeeze in any of those nifty adhesive pull tabs we've seen in Apple's iDevices.

  • Regardless, our tests indicate this beefier battery is compatible with last year's MacBook. Nice!

バッテリーのフォームファクターは、様々な箇所で埋め込まれた2015年のMacbookと100%一致しているようです。

しかしながら、Appleは昨年モデルの7.55 V, 39.71 Whバッテリーから、なんとかして4%の容量を増やしました。Appleはこの新しい7.56 V, 41.41 Wh Li-ionパワーソースはiTunesでの映画鑑賞を最大11時間可能にしたと公表しています。

このバッテリー容量の増大はバッテリーの化学反応を改良したことにより可能になったと推測しています。(Appleのエンジニアはより薄いバッテリーを実現するために、底ケースから材料をそぎ落としたとも言えますが)

残念ながら、Apple's iDevicesで登場した素晴らしい接着プルタブを含めてくれませんでした。

それにもかかわらず、私たちのテストではこのたくましいバッテリーは昨年のMacBookのバッテリーと同じであると判明しました。よかったです!

Ваш вклад лицензируется под свободной лицензией Creative Commons.