Перейти к основному содержанию

Отремонтируйте ваше устройство

Обучение ремонту

Магазин

Английский
Японский

MacBook Pro 15" Unibody Late 2008/Early 2009 基板の交換

Руководство по Предпосылкам

Все необходимые инструкции должны быть переведены до того момента, как этот перевод будет считаться завершённым.

MacBook Pro 15インチ Unibody Late 2008/Early 2009ミッドウォールの交換

Информационный справочник

= Готово = Не завершен

      Опишите определенную часть или деталь того, device над чем вы работаете. Прим: Аккумулятор

      Создайте заголовок.

      Это краткое описание появится только в результатах поиска.

      Укажите общую информацию прежде чем читатель начнет читать инструкцию.

      Шаги руководства

      Шаг 1

      右側・左側ファンと基板を固定している次の6本のネジを外します。

      Шаг 2

      スパッジャーの先端を使って、右側ファンのコネクタを基板上のソケットからまっすぐ引き上げます。

      Шаг 3

      スパッジャーの先端を使って、基板上のソケットから左側ファンのコネクタをまっすぐ引き抜きます。

      Шаг 4

      カメラケーブルのコネクタから接着剤を剥がします。

      Шаг 5

      スパッジャーを使って、ゆっくりと光学ドライブコネクタを基板上のソケットからまっすぐ引き抜きます。

      Шаг 6

      必要に応じて、サブウーファーのコネクタを覆っているフォーム製のバンパーカバーを剥がします。

      Шаг 7

      スパッジャーの平面側先端を使って、シルバーのハードドライブケーブルコネクタを基板上のソケットからまっすぐ引き抜きます。

      Шаг 8

      スパッジャーを使って、基板上のソケットからトラックパッドコネクタをまっすぐ引き抜きます。

      Шаг 9

      スパッジャーの先端を使って、赤外線/スリープLEDリボンケーブルの固定フラップを裏返します。

      Шаг 10

      スパッジャーを使って、バッテリーインディケーターのライトコネクタを基板上のソケットからまっすぐ引き抜きます。

      Шаг 11

      スパッジャーの先端を使って、キーボードのリボンケーブルの固定フラップを裏返します。

      Шаг 12

      スパッジャーの先端を使って、エクスプレスカードケージのリボンケーブル固定フラップを持ち上げます。

      Шаг 13

      スパッジャーの平面側先端を使って、マイクケーブルコネクタを基板上のソケットからまっすぐ引き抜きます。

      Шаг 14

      ディスプレイのデータケーブルのロックに付けられたプラスチックのプルタブを掴み、コンピューターのDC-in側に向けて回転させます。

      Шаг 15

      キーボードのバックライトリボンケーブル(左側ファンのスペース付近)を確認します。

      Шаг 16

      上部ケースに基板を固定している3.2 mmプラスネジを7本外します。

      Шаг 17

      上部ケースにDC-inボードを固定している7 mmプラスネジを2本外します。

      Шаг 18

      上部ケースに下部ケースのクリップを固定している3.5 mプラスネジを2本外します。

      Шаг 19

      左側から基板アセンブリを持ち上げて、上部ケースから取り出します。側にある端子が絡まないようご注意ください。

      Шаг 20

      バッテリーコネクタを十分つかめるほどの高さまで基板を持ち上げ、基板上のソケットからまっすぐ引き抜きます。

      Ваш вклад лицензируется под свободной лицензией Creative Commons.