Перейти к основному содержанию
Английский
Японский

iMac Intel 21.5" EMC 2389 ロジックボードの交換

Информационный справочник

= Готово = Не завершен

      Опишите определенную часть или деталь того, device над чем вы работаете. Прим: Аккумулятор

      Создайте заголовок.

      Это краткое резюме 1-2 предложения будет появляться в результатах поиска.

      Укажите общую информацию прежде чем читатель начнет читать инструкцию.

      Шаги руководства

      Step 1

      この作業では、次のケーブルの接続を外します。

      Step 2

      iMac本体の右側に向けてマイクケーブルのコネクタを引っ張り、ロジックボードから接続を外します。

      Step 3

      ロジックボード上のソケットからSDボードケーブルの接続を引き抜きます。

      Step 4

      iMacの右側に向けて左右スピーカーのコネクタを引き抜き、接続を外します。

      Step 5

      スパッジャーの平面側先端を使って、AirPortボード上のソケットからAirPortアンテナコネクタの接続を外します。

      Step 6

      iMacの上部端側にハードドライブファンの接続を引き抜いて外します。

      Step 7

      ハードドライブの温度センサケーブルをソケットから引き抜き、ロジックボードから接続を外すには、iMacの上部端に向けて引っ張ります。

      Step 8

      両側の親指を使って、Bluetooth /環境光センサ/カメラ/左側の温度コネクタの両側をiMacの上部端に向けて押し出し、ロジックボード上のソケットから外します。

      Step 9

      CPUファン/環境温度センサのコネクタをiMac下側左の端に向けて引き抜き、ロジックボード上のソケットから外します。

      Step 10

      IRセンサケーブルを覆っているテープを剥がします。

      Step 11

      親指を使ってIRセンサコネクタをソケットから押し出して、iMac上部端に向けて押し上げます。

      Step 12

      IRセンサボードをアウターケースのフロントフェースの裏から押し上げます。

      Step 13

      次の7本のネジを外します。

      Step 14

      次の4本のネジを外します。

      Step 15

      電源をアウターケースから慎重に持ち上げて取り出し、画像のように回転させてケーブルロックを外します。DC-outケーブルとAC-inケーブルはまだiMacに接続されています。

      Step 16

      AC-Inケーブルのソケットからコネクタを引き抜きながらロック機構を押し込み、AC-Inケーブルの接続を外します。

      Step 17

      LEDドライバーボードの右側に装着されているプラスチックのウォールを外します。

      Step 18

      ハードドライブの隣に装着されているプラスチックの圧力壁を取り出します。

      Step 19

      ロジックボードを外側ケースの背面から少し引き離してから持ち上げ、外側ケースの前面下部を取り除きます。

      Step 20

      コネクタをロジックボードの前面から引き離して、オーディオポートケーブルを外します。

      Step 21

      ハードドライブSATAケーブルをロジックボードに固定しているテープが付いていれば、剥がしてください。

      Step 22

      ロック機構を押し込み、DC-In ケーブルをロジックボードの背面にあるソケットから慎重に引き抜きます。

      Step 23

      ロジックボードのソケットにダメージを与えないように注意しながら、ハードドライブのSATAデータケーブルをロジックボードのソケットから慎重に引き抜きます。

      Ваш вклад лицензируется под свободной лицензией Creative Commons.